世田谷のパン屋8軒を巡って、パンピクニック!世田谷冬のパン祭り

こんにちは!東京サンドイッチ部のニハチです。

世田谷区といえば美味しいパン屋さん

東京都23区の西側に位置する世田谷区。「世田谷区といえばパン。パンといえば世田谷区。」というくらい(たぶん)、「世田谷区には美味しいパン屋がたくさんある」と、パン好きの間では有名な話です。

年に一度のビッグイベント・世田谷パン祭り

世田谷公園とその周辺で、年に一度開かれる「世田谷パン祭り」は、世田谷区内のパン屋をはじめ、全国各地の有名店のパン屋が出店します。その数なんと約100店!
2015年の開催時は、2日間で25,000人もの人が訪れたというビッグイベントです。(2015年は10月3日と4日に開催されました。)

世田谷パン祭りのいいところ

この世田谷パン祭り、いろんなパン屋のパンを一ヶ所で買えるし、お祭り特別のパンを売っているお店もあったり、パンについて学べるワークショップがあったりと、とても楽しいイベントです。

世田谷パン祭りの残念なところ

と、楽しいイベントなのですが、残念なことがふたつ。

  • あまりの人気イベントゆえ、会場に入るまで大行列。中に入っても大混雑。で、人気のパンはソッコー売り切れる。
  • 年に一度しか開催されない。もっとお祭りを楽しみたい。

世田谷冬のパン祭り(アンオフィシャル)

というわけで。やってみました。
題して「世田谷冬のパン祭り(アンオフィシャル)」(「世田谷パン祭り」と「ヤマ◯キ春のパン祭り」をパクって合わせてみました。)
パン好きとパンが特に好きでもない友人9人を巻き込んで、世田谷区内のパン屋を巡ります。

概要は以下の通り。

  1. 朝9時、東急田園都市線の三軒茶屋駅に集合。
  2. カフェマメヒコで、モーニングを食べつつ、スケジュールと行くお店を確認。
  3. 2組に分かれて、それぞれ4軒(以上)のパン屋でパンを買い集める。
  4. 14時、世田谷公園に集合。それぞれの組で買ってきたパンを、みんなで食べる。
  5. お店は、私が事前にリストアップしていた中から選ぶ。チームでお店がかぶらないように注意。

うちのチームが行ったお店はこちら

濱田屋

世田谷通り沿い。もとお寿司屋さんの店舗は店構えも和風のまま。風情あります。
濱田屋

寿司のネタカウンターだったケースにパンが並んでます。一番人気は「豆ぱん」。「ひじき」や「えだまめ」など和風パンの種類が豊富。
濱田屋店内

レ・サンク・サンス

濱田屋の少し先の世田谷通り沿い。
レサンクサンス

フランス人シェフが国産小麦で作るハード系のパンが充実。
レサンクサンス店内

ブーランジェリースドウ

東急世田谷線松陰神社前駅が目の前。
スドウ

あまりの人気っぷりに、焼き上がってもすぐになくなるパン達。
スドウ店内
季節のフルーツを贅沢に使ったコンフィチュール(正確には違うらしいけど、要するに高級ジャムと思っておけば間違いないw)もオススメ。

パナデリーヤ・ティグレ

阪神タイガースファンなら見逃せない。虎のマークが目印。
ティグレ
ただし、虎をかたどったパンはない。
ティグレ店内

世田谷公園でパンピクニック

14時、世田谷公園に全員集合。
お互いのチームが買ってきたパンをみんなで食べます。
パンピクニックの始まりだよ。(寒いけど。)
パンピクニック(盛り合わせ)

コンフィチュールをたっぷりつけて。(寒いけど。)
パンピクニック(ジャム)

パンを切るための包丁とまな板は必須アイテム。(寒いけど。)
パンピクニック(キッシュ)

いろんなお店のいろんな種類のパンをいっぺんに食べられて楽しかったです!

教訓「ピクニックは暖かい日にやろう」

Everyday SANDWICH!!

ニハチ

著者:ニハチ

パンが好きで、訪れたパン屋は130軒超。 「1日3食、パン」という日々を続けた結果、ちょっと残念な体型になってしまい、このところ少し自粛気味。 最近のマイブームはサンドイッチ。

Twitterフォロー